2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(  ^ω^)ブーンが林檎の木に語りかけるようです―短編―

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:37:19 ID:0HGgUENQ0
この世には偶然や奇跡、運命というものがある。
それと同じで、科学や理論では片付けることができないような、不思議な出来事もある。
ブーンはそれを体験することになる。

―ピーチク、パーチク
小鳥の声が外から聞こえる。目を開けると眩しい太陽の光がカーテン越しにブーンの顔に当たる。
(  ^ω^)「ま、まぶしいお・・・。ったく朝から・・・。もうちょっと優しい起こし方はできないのかお。」
―ピーンポーン
太陽宛てに文句を言っていると、玄関のベルが鳴った。
(  ^ω^)「・・・。ったく・・・。」
―ガチャ
(  ^ω^)「ありがとうだお。」
荷物を受け取ってすぐ、ブーンは中身を確認した。中にはノートが一冊。

(  ^ω^)「ノート?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:37:40 ID:oFmu92vk0
wktk

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:38:28 ID:e04Hm2PD0
ぜんっぜん読んでない

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:42:46 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「ったく・・・DEATH NOTEみたいに名前を書くと殺せたりするのかお?」
そう言って、ノートをぱらぱらとめくるブーン。しかし、そこには驚くべきことが書かれていた。
(  ^ω^)「こ・・・これはなんだお!!」

そういうと、ブーンはノートを壁にぶつける。体が震える。止まらない。

(  ^ω^)「そ、そんな・・・どういうことなんだお????」
ブーンが投げたノートには全てが書いてあった。

今日までブーンが過ごしてきた日々、全てのことが。

(  ^ω^)「す、ストーカかお?でも、生まれた時からストーカーするやつなんて・・・。それに毎日観察するなんて
ありえないお・・・・。どういうことだお・・・・・・・・・・・。」

そして、もう一度ノートを手に取る。ちゃんと誕生したところから書いてある。そして、そっと今日のページをめくる。

―ノートが家に届く。そして、ノートの存在を信じようとせず、一日を終える。

(  ^ω^)「・・・。」

これから、何が起こるかは、ブーンには考えることさえできなかった。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:43:41 ID:Fv94X44M0
wktk

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:45:03 ID:uUbtpc5j0
wktk

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:48:35 ID:0HGgUENQ0
ブーンの心臓の鼓動は収まらない。顔が熱くなる。今までこんな体験はしたことがない。

(  ^ω^)「と、とりあえず・・・・・・・落ち着くお・・・・。」
そう言って、暖かいココアに手を伸ばす。
―ブルブルル
(  ^ω^)「あ”!」
―ガタン
(  ^ω^)「あちっ!あちっ!」
ココアの入ったカップを落としてしまった。恐くてしかたがなかった。

なにしろ今日までの自分を全て書かれているのだから。

そのノートはもう一人の下へも届いていた。

―ショボン宅
(´・ω・`)「ん?ノート?」

8 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 17:50:53 ID:3nggRYG4O
林檎と聞いて飛んできました。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:56:50 ID:0HGgUENQ0
>>8 ごめんよ。林檎はしばらくでてこないよ(´・ω・`)

―ショボン宅
ショボンはノートをぱらぱらとめくる。
(´・ω・`)「・・・。なんだこれは?」
ブーンと違ってとても冷静だった。彼は警察に銃を持つことを許された、警察であり警察でない人物。
今までに何度も警察の手助けをしてきた。
(´・ω・`)「ま、とりあえず今日は何もすることがないんだから、家でゆっくりするか。いたずらだろう。」
が、人一倍鈍感な性格でもあった。


―ブーン宅
しばらくすると、ブーンは冷静さをとりもどした。
(  ^ω^)「ふぅ・・・・・・・。なんだかまだ顔が熱いお・・・。」
そして、ブーンは青い光を放つパソコンのディスプレイに顔を向けるのであった。

二人は何事もなかったかのように一日を終えた。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 17:59:20 ID:jggI2gLL0
1日目   完

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:00:21 ID:uUbtpc5j0
シュールage

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:00:29 ID:TDElpc/BO
wktk

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:01:46 ID:0HGgUENQ0
―次の日

朝ブーンが起きると届いたノートの新しいページに今日の日付で今日の出来事が書かれていた。
(  ^ω^)「んっとなんだお・・・。」

『このノートと同じ現象を持つノートを持った人物と出会う。』

(  ^ω^)「・・・。」
また、ブーンの体は震え始めていた。これはその日になると、今日起こる出来事が新たに書かれるのか?
ブーンは何度も自分に問いかける。
(  ^ω^)「今日は絶対外には出ないお。」
心に決心したつもりだった。が、神様はブーンを外に出したいみたいだった。

数時間後、ブーンが大便のためトイレに行くと・・・

(  ^ω^)「ト・・・・トイレットペーパーが・・・ないお・・・・・・・・・・・・。」

否が応でも外にトイレットペーパーを買いに行かなくてはならなかった・・・。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:02:17 ID:jVrP38+20
wktk

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:03:28 ID:Mh3Qe/lX0
(  ^ω^)「あ、でもたべちゃえばいいんだお」
ムシャムシャ
(  ^ω^)「んークリーミー」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:03:35 ID:uUbtpc5j0
わかった。犯人はダルシムだ。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:05:26 ID:bo8L8svk0
wktk


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:06:42 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「あ、ありえないおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
人間の声とは思えないような奇声を上げながら、漫画に出てくるような走り方でスーパーへ向かう。

その途中、曲がり角で、少女マンガのような出来事が起こる。

ブーンは曲がり角を曲がろうとすると
―バンッ!!
(  ^ω^)「いて!」
(´・ω・`)「アウチ!」
二人はぶつかり、ノートを落としてしまった。
(  ^ω^)「す、すいませんでしたお!!」
(´・ω・`)「こちらこそ。」
その時二人は同じノートを持った人だとは思ってもいなかった。そして、ブーンはトイレットペーパーの為、再び走り出す。

(  ^ω^)「ト、トイレットペーパーーーーーーー!!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:09:02 ID:uUbtpc5j0
セガールはいつ出てくるんですか?

20 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 18:11:47 ID:3nggRYG4O
>>19
大統領の娘が誘拐されるあたりから

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:13:18 ID:0HGgUENQ0

その後、ブーンは何事もなく、家に戻ることができた。
(  ^ω^)「ふぅ何もなかったじゃないかお。これで、今日は安心だお。」
そう言って、トイレにもう一度入りなおす。
(  ^ω^)「いやぁ・・・頑張った後のウ○コは気持ちいお。」
ブーンが発した奇声以上に奇妙な音がその後鳴ったのは言うまでもない。

再びリビングに戻り、ノートをめくる。
(  ^ω^)「やっぱ嘘だったお。ここに書いてあることはたまたま合ってたんだお。」
少し現実逃避しつつ、そしてなお、ノートを馬鹿にしつつノートをめくる。

(  ^ω^)「ん?あれ?なんだか書いてあることが違うお。誕生したとこがショボン誕生って書いてあるお。」

(´・ω・`)「ん?あれ?このノートオレの?もしかして昨日見間違えてたのかな?ん〜、でも名前違う気が。」

二人はお互いのノートをぶつかった時に間違えて拾ってしまったのだ。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:15:10 ID:TDElpc/BO
wktk

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:17:33 ID:jVrP38+20
wktk

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:19:11 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「・・・。もしかして・・・ぶつかった時に?」
ノートにはブーンのノートに書かれていたのと同じように今までのショボンという人物の出来事が書かれていた。
(  ^ω^)「同じノートを持った人間と出会う・・・出会ってしまったお・・・本当だったんだお・・・。」
―カタカタカタカタカタ
何もおきていないのにテーブルの上のグラスが勝手に揺れる。

これは、何かの前兆なのか?


―ショボン宅
(´・ω・`)「ん〜やっぱりこのノートはオレが公園にブランコに乗りに行く途中にぶつかったヤツと交換しちゃったようだ。」
そして、ショボンはノートをぱらぱらめくる。
(´・ω・`)「コイツ馬鹿だな〜小学校の頃屋上から、マントを着けてヒーローの物真似をして飛び降りるだって。」
(´・ω・`)「で、助かったのか!??!?!?」
人間の神秘にも少し触れている気分だった。また、他人のプライベートは予想以上に面白かった。
(´・ω・`)「とりあえず、明日返さなきゃな。」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:20:56 ID:TDElpc/BO
個人的にはかなり期待してるのに人スクナス…
wktk!!!!!!

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:21:15 ID:uUbtpc5j0
そして次の日大統領の娘が誘拐されるんだな!?

27 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 18:23:16 ID:3nggRYG4O
>>26
その前に豪華客船が出てくるだろ。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:28:28 ID:mnjLcQ5s0
wktk

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:29:38 ID:0HGgUENQ0
>>26 ごめんよ。それは考えてない(´・ω・`)でも>>27は考えてる。ってか確実。

(  ^ω^)「・・・。と、とりあえずパソコンでも除いて見るかお・・・。」
いつものようにパソコンの電源を入れる。ブーンはパソコンに関しては一流。ハッキングもしたことがある程。
(  ^ω^)「ふぅ。」
すると、パソコンの画面にメッセージが届いてくる。チャット形式だった。

(ノートは届いたかな?)

(  ^ω^)「コイツ・・・なんで知ってるお。」

(返事ちょうだいよ。)

ブーンはキーボードを打つ。

(お前は誰だお?)
 (やっと返事来たよ。)
(質問に答えるお)
 (僕は人間じゃない。人間ができないことができるんだ。)
(なんで、人間じゃないのにチャットなんかやってるんだお。)
 (・・・。うるさいなぁ。君と話したかったんだよ。)

ゆっくりと時は過ぎる。二人の話は続く。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:30:28 ID:mnjLcQ5s0
これ元ネタなんなの?

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:34:04 ID:k+hB/xXlO
何度でもお願いするぞ 鳥つけて
いつもシカトすんなヽ(`Д´)ノ ウワァァン

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:34:53 ID:0HGgUENQ0
>>30 ごめん(´・ω・`)元ネタない。

(なんでノートを送ってきたんだお?)
 (よくわからないけど、誰かがノートを誰でもいいから送りつけろって言われたんだ。)
(・・・。いったいお前は何者なんだお?)
 (同じ質問はやめてよ。)
(じゃあ、いつもは何をやっているんだお?)
 (君達を監視させてもらっている。そのノートには目がついているんだよ。そこから見える。)
(・・・。なるほど。人間じゃないことは確かみたいだお。でも、いい方法を思いついたお)
 (何?)
(このノートを燃やせば、いいんだお。こんな君が悪いノート!!)
 (燃やすのは勝手だけど、その先に何が起こるかわからないよ?未来がわかるだけいいんじゃない?)
(・・・。燃やしたら何か起こるのかお?)
 (さぁ、わからないよ。)


リアルタイムでショボンの元にも謎の人物からメッセージが届いていた。
(ふっおもしろいやつだな。)
 (君ほどではないよショボン。)

33 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 18:41:23 ID:0HGgUENQ0
>>31 酉つけ・・・できたかなぁ?

(  ^ω^)「・・・。はあ。どうすればいいんだお。」
ノートを見つめるブーン。そして、チャットしている相手のパソコンをハッキングできないか考えた。
普通に考えたら無理だが、ブーンは常識を超えていた。
(  ^ω^)「とりやあああああああああああ。」
数分後
(  ^ω^)「やっぱり・・・・ハッキングはできないお。おかしいお。今までできなかったはずがないのに・・・。」

 (返事がないけど、どうしたの?)
(悪いお。ちょっと用をすませてたお。)
 (なるほど。)
(ところで、お前はもう未来が見えてるのかお?)
 (ううん。僕にはわからない。神様だけが知ってる。ごめん、僕もう寝るよ。)

気付けば十二時。しかし、人間ではないやつが寝るのか?しかし返事を返してみたが応答は無かった。

(  ^ω^)「この先何も起こらなければいいお・・・。」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:42:45 ID:TDElpc/BO
wktkwktk


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:43:59 ID:YRjk9kTF0
wktk

36 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 18:44:37 ID:3nggRYG4O
豪華客船が出てくるなら金髪ツンデレ美女か…

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:49:45 ID:M3vXY2iXO
質問

もしかして>>1って、ブーンが花を咲かせるようですの人?

38 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 18:49:59 ID:0HGgUENQ0

次の日の朝。

(  ^ω^)「よっく寝たお〜〜〜。」
朝起きるとノートに新たなことがまた書き込まれている。ブーンは未だにノートに触れると体の震えが止まらない。
どうしようも無い衝動がブーンを襲う。内心では誰かに助けて欲しかった。しかし、ブーンに頼れる人物はいない。
(  ^ω^)「彼女でもいたらいいお。」
年齢=彼女いない暦のブーンはそんなことを言いながらノートをめくる。

『ノートを持った人物と○△デパートの屋上で再会し、再会した場所で大事故に巻き込まれる。』

(  ^ω^)「・・・。」

内心、今日は準備が整っていた。外に出ない準備が。しかし、ブーンの心の中は不安より好奇心のが勝っていた。

(  ^ω^)「もうどうにでもなれお。最後までノートに付き合ってやるお。○△デパートにレッツゴーだお。」

そう言って、ブーンは家を飛び出した。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:51:17 ID:k+hB/xXlO
。・゚・(ノД`)・゚・。やっとつけてくれた
いつも同一作者か自信持てなかったんだよ(´・ω・`)

wktk

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 18:56:39 ID:wnqyi0V90
>>1
ちょwwwwwwwおまwwwwwww
しばらく書くのやめるって言ったの二日前だろwwwwwwwww

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:06:31 ID:0HGgUENQ0
>>37 ごめん。そうなんだお(  ^ω^)
>>39 ごめん。そうだったのかお。これからはちゃんと酉つけるお(  ^ω^)
>>40 ごめん。もう、暇すぎて限界だお。でも、次は頑張って我慢してみる。

―ショボン宅
ショボンが間違えてとったブーンのノートにも同じことが浮き上がっていた。
(´・ω・`)「最上階か・・・しかも事故・・・。まぁ本当に起きるとは思わないが・・・。」
そう言って拳銃をポケットに入れて家を後にする。

○△デパートは既にブーンの視界の中にあった。
(  ^ω^)「いやあ勇気を出してきてみたけど、目の前にすると恐いお。」

ノートに書かれたとおりに自分の人生が進む。それほど恐いことはない。

(  ^ω^)「うぅ・・・でもここまで来たら行くしかないお。」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:14:20 ID:k+hB/xXlO
むしろ書き溜めして一気に放出とか
写真を〜(違う人のだったらごめん)のとき途中までで読み逃した('A`)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:18:55 ID:0HGgUENQ0
―ブゥゥゥゥゥン
ブーンはデパート内のエレベータに乗る。最上階へつき、そこから階段で屋上へ向かう。
屋上は子供が遊ぶ用のゲームや乗り物で溢れていた。
(  ^ω^)「しかし、子供ばっかだお。それに、昨日ぶつかった人は良く覚えてないお。」
曖昧な記憶しかなかった。それもちょっとした衝撃で消えてしまいそうな。ちょうどその時、ショボンも屋上にいた。

(´・ω・`)「ん〜覚えてないなあ。ぶつかったことさえ覚えてないのに。」
その時、ノートに書かれた通りの出来事が起こる。

―みなさん、二階○×にて火事が発生いたしました。従業員の言うことを良く聞いてすみやかに非難してください。

屋上はパニックに陥った。ヘリコプターが助けてくれるよ。とか子供が安心しきった顔で言っている。
しかし火事より、ノートの通りに事が進んでしまった事のほうがブーンは恐ろしかった。

(  ^ω^)「そ、そんな・・・・・・・・。」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:20:47 ID:jVrP38+20
wktk
>>1
結構期待してる でも人少ないなぁ・・・

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:24:58 ID:UqIJ74f40
wktkism

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:25:00 ID:0HGgUENQ0
(´・ω・`)「ま、とりあえず非難でもするか。」
冷静なのか馬鹿なのか・・・ゆっくりとショボンは階段で客と共に非難する。

客「早く、早く逃げなきゃ!!」
自分のこと以外気にしない勝手な人間もいれば、他人にばかり気を使って逃げ遅れてしまっている人間もいる。
親が見つけられない子供もいたが従業員がどうにか一緒に逃げる。

その時、ブーンは非難するショボンを見つけた。

(  ^ω^)「あ、思い出したお!!確か、あの人だお!!」
ショボンの元へ駆け寄ろうとしたとき、目の前で女性が倒れた。

(  ^ω^)「だ、大丈夫ですかお?」
ξ゚听)ξ「・・・すい・・・すいません・・・ちょっと発作が・・・・・・。」
(  ^ω^)「背中に乗ってくださいですお!!」
ξ゚听)ξ「あ、ありがとうございます。」

火はどんどん大きくなってゆく。しかし、人を背負っているブーンは人混みの中に入って一緒に階段で非難するのは危険だった。

(  ^ω^)「最後に行くしかないお。」



47 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 19:28:44 ID:0HGgUENQ0
ってか酉つけ忘れてたお(´・ω・`)

人混みが消えていった。
(  ^ω^)「じゃあ行きますお。」
ξ゚听)ξ「はい。」

―カンカンカンカン

なるべく急ぎ足で下へ向かうブーン。煙がこちらへ向かってくる。
(  ^ω^)「う・・・苦しいお・・・・。」

―カァン・・・カァン・・・・

足音も鈍くなってくる。
(  ^ω^)「い、今は何階なんだお?」
下へ降りることにだけ集中していた。
救助隊「大丈夫ですか?」
(  ^ω^)「・・・。」
意識がそっと遠のく。

けれど女性をブーンは絶対に離さなかった。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:30:34 ID:k+hB/xXlO
支援(0゚・∀・)wktk

49 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 19:34:29 ID:0HGgUENQ0
起きると目の前には空があった。

(  ^ω^)「死んだのかお?」
冷静に考え直すとそこはデパートの外だった。救助隊が安全な場所に避難させてくれたらしい。
そこで、横になって寝ていただけだった。横を見ると女性がいた。
(  ^ω^)「・・・。なんだか手が暖かいお。」
自分の手を見ると女性と手を握っていた。
( ;;^ω^)「あ、ああ!!ごめんなさいですお。」
さっと手を離す。
ξ゚听)ξ「大丈夫です。ありがとうございました。」
( ;;^ω^)「お、起きてたんですかお。あ・・・あれ?」
良く見ると、その女性はブーンが学生時代片思いをしていた人物だった。

ξ゚听)ξ「あなたがこんな勇敢な人になっていたとは思ってなかった。」
(  ^ω^)「・・・。」

いいムードになった瞬間ショボンが現れる。

(´・ω・`)「昨日、ぶつかった人ですよね?」
( #^ω^)「そ、そうですお。」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:39:24 ID:TDElpc/BO
wktkizm

51 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 19:45:36 ID:0HGgUENQ0
(´・ω・`)「人がいるんで、向こうで話しませんか?」
(  ^ω^)「わ、わかりましたお。」

お互いの顔を確認すると、記憶とは不思議なもので昨日の出来事がしっかりと思い出された。
人気(ひとけ)の無い場所に来るとショボンは言う。

(´・ω・`)「ノートをまず交換しましょう。」
(  ^ω^)「そうですお。」
大事に持っていたノート、たとえ火事だとしても無くしはしない。
そしてお互いのノートを交換し合った。
(´・ω・`)「これから・・・あなたはどうするつもりですか?」
(  ^ω^)「まぁ、普通に生きるお。」
(´・ω・`)「12月25日に死ぬとしても?」
(  ^ω^)「え?」
(´・ω・`)「最後の君のページ、書いてあるぞ。もちろん、オレのにも書いてあったはずだ。」
ブーンは、急いでノートの最後のページを見る。

『12月25日、クリスマスの日、死亡。』

(´・ω・`)「な?」

再び強烈な不安がブーンを襲った。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:46:57 ID:TDElpc/BO
新たな事実キタコレ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:50:09 ID:bo8L8svk0
wktk

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 19:53:03 ID:k+hB/xXlO
(・`ω・´(`・ω´・(`・ω´・)ナ、ナンダッテー!!!!

55 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 19:53:53 ID:0HGgUENQ0
しっかりと2005年と書かれている。
(  ^ω^)「あらら。」
(´・ω・`)「で、君は謎の人物からのメッセージ・・・届いたか?」
(  ^ω^)「パソコンでのチャットの事かお?」
(´・ω・`)「来たんだな。それで提案なんだが、一緒にそいつを捕まえないか?俺はこのままでは死ねない。」
そう言って、電話番号と住所、メルアドをショボンがブーンに渡す。
(  ^ω^)「悪いけど、もう死んでもいいお。」
(´・ω・`)「そういうと思ったから、その紙を渡したんだ。その気になったら連絡をくれ。オレは警察に認められた人間だ。
協力してくれるなら必ず捕まえる。」

そういい残して、ショボンは去った。ブーンが家に帰ろうとすると後ろから助けた女性がいた。

ξ゚听)ξ「あのよかったら、お礼をしたいので、電話番号教えて。」
(  ^ω^)「え?」
ξ゚听)ξ「学生時代の友達じゃない。いいでしょ?」
(  ^ω^)「わかったお。」

そう言って電話番号を教えた。こんなに嬉しいことはなかった。

そう、こんなに嬉しいことはないはずだった・・・。

56 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 19:57:56 ID:3nggRYG4O
ワクテカワクテカワクテカワクテカ

57 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:00:01 ID:0HGgUENQ0
家に帰ると、さっそく女性から電話があった。そして、明日デートすることになった。
(  ^ω^)「・・・。マジかお。女の人とデートなんて・・・・はじめてだお。」
もう、ノートの不安はなくなっていた。明日のことを考えると心がワクワクする。
(  ^ω^)「ワクワクとかウキウキってこういうことだったのかお。」
そんなことを考えながら次の日の朝を迎える。

(  ^ω^)「行って来るお。」
誰もいない。その部屋にノートを置いてブーンは出て行った。ノートは置いたというより、忘れていたのだ。
ブーンは見なかったが、ノートにはこう書かれていた。

『彼女が始めてできる。』

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:04:29 ID:k+hB/xXlO
(////)

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:09:38 ID:xMarDbtqO
今までのブーンスレとは何かが違う
今まででイチバン楽しみにしてる自分ガイル

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:12:30 ID:TDElpc/BO
>>59
俺漏れも
wktk。頑張れ>>1!!

61 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:13:31 ID:0HGgUENQ0
ブーンはウキウキ気分で待ち合わせ場所へ向かう。
そこには昨日見た女性とは全然違う雰囲気の女性が立っていた。
ξ゚听)ξ「どう?」
( ;;^ω^)「こ、言葉に出せないお・・・。」
ξ゚听)ξ「ブスってこと?」
(  ^ω^)「その逆だお。」
ξ///)ξ「・・・。」

時間は残酷なほどに楽しいひと時を早く過ぎる。二人はいろいろな店を回る。
ξ゚听)ξ「どう綺麗?」
(  ^ω^)「き・・・綺麗すぎだお・・・。」
ξ///)ξ「ちょっと・・・。」

気がつくと夜。クリスマスの飾り付けをした街の光が綺麗に写しだされる。
ξ゚听)ξ「ところで、ブーンはあたしの名前覚えてる?」
(  ^ω^)「あたりまえだお、だって片思・・・いや、ツンって名前だお。」
ξ゚听)ξ「ん?なにか言いかけなかった?」
(  ^ω^)「いや、何でモアgkljfじゃkdな・・・なんでもないお!!」
ξ゚听)ξ「まあ名前覚えていてくれてよかった。夕飯はイタリアンでいい?」
(  ^ω^)「え?」
ξ゚听)ξ「あ、もしかして何か決めてた?」
(  ^ω^)「い、いや大丈夫だお。」

初めてのデートなのに。助けただけなのに。何故、ツンはこんなにいろいろやってくれるんだろう?
そんな疑問がブーンの頭の中でぐるぐる回る。

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:13:51 ID:708bG4cL0
ブーンが死んだようですスレとリンクして無いことを期待する。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:14:37 ID:M3vXY2iXO
>>41
まじかwww
また君に出会えてよかったよwwwwwwww


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:21:24 ID:vJwR/ts+0
おもしろそうだけどもうパソコン止めなきゃいけんから
スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY
だけ覚えて帰ろう

65 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:21:30 ID:0HGgUENQ0
>>62 それ読んでない。多分、大丈夫だと思うんだけど・・・(´・ω・`)

イタリアンレストランに入る。食事を食べながらツンは言う。
ξ゚听)ξ「ちょっと口・・・。」
といいながらツンが口を拭いてくれる。
(  ^ω^)「あ、ありがとうだお。」
爆発しそうな勢いでブーンの心臓は鼓動を立てる。時間は過ぎる。顔が熱い。
きっと、自分の顔は今真っ赤なんだろう。そんな気持ちだった。ツンの顔を見るとツンの顔も赤い。
いや、これは自分の顔が赤すぎてツンの顔も赤く見えるだけ。そんな風に思っていた。
ξ゚听)ξ「それでね〜。」
ツンが話に花を咲かせよと、話題をいろいろと出す。
けど、ブーンはそれどころじゃない。今すぐ、この愛しい人を・・・。
そんなことを考えているうちに時間は過ぎて、レストランを出ていた。
(  ^ω^)「そ、そうだ綺麗な夜景が見える場所があるんだお!!行くお!!」
ドラマでよく聞く台詞を言ってみた。綺麗な夜景が見える場所などブーンは知らない。
ξ゚听)ξ「ほ、ほんと行きたい!!」
( ;;^ω^)「え。」

思わず口にした言葉がアダとなった。

66 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:24:44 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「こっちだお・・・。」
気付くと山の中。本当に夜景など・・・と思っていたその時。
ξ゚听)ξ「わぁ・・・綺麗。」
見えた。綺麗な夜景が。山の上から。
(  ^ω^)「ま・・・マジで綺麗だお・・・。」

綺麗。絶景。素敵。そんな言葉を口々に出すツン。そして、ツンは言った。

ξ゚听)ξ「私ね・・・ブーンが学生時代の頃からずっと好きだったの。」

そう言ってツンはブーンに抱きついてきた。



死を宣告された男・・・皮肉にもこんな時に限って、初めて彼女ができてしまう予感。

67 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:27:34 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「じ、実は・・・。」
ξ゚听)ξ「あたしと付き合ってよ・・・。」

覚えているのはそこまでだ。その先に何があったのだろう。
きっと彼女ができたのだろう。ブーンの口には何かまだ感触があった。
気付けば家。

(  ^ω^)「・・・。」

ノートを開く。彼女ができると書いてある。

そして、最後のページ。

( ;ω;)「うっ・・・うっ・・・死ぬんだお・・・惨めに死ぬんだお・・・なんでだお・・・・。」

涙が止まらない。止まらない。止められない。

( ;ω;)「ツン・・・・。」

―チクタクチクタク

時間は進む。無常な程に。

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:30:43 ID:3E0oPbHt0
やばい面白い


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:32:25 ID:4+pw8klxO
既に泣きそう…

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:32:51 ID:TDElpc/BO
wktk

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:34:02 ID:708bG4cL0
( ^ω^)ブーンが死んでしまったようです。復刻版。
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1133861631/l50



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:34:56 ID:e7dE1/69O
wktk

73 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:39:01 ID:0HGgUENQ0
ちょっと感情移入しすぎた( ;ω;)

深夜、ショボンの元に電話がなる。
―プルルルルル
(´・ω・`)「もしもし。」
電話の向こう側からは泣きじゃくった男の声が聞こえる。
( ;ω;)「し、死にたくないお・・・絶対に死ねないお・・・・。」
(´・ω・`)「そうだな、俺達は絶対に死ねない。運命は変えられる。それを見せてやろうじゃないか。」
(  ^ω^)「そうだお。」

どんな運命だとしても、僕等の手で捻じ曲げる。

ここで絶対死ねない。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:40:13 ID:uUbtpc5j0
支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:41:28 ID:ETGE9qVx0
wktk

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:41:30 ID:zQbqdUgzO
( ^ω^)スレで初めておもしろいと思った

77 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 20:42:47 ID:3nggRYG4O
ショボンはいつもカッコいいな

78 : ◆eUdBwL0zGs :2005/12/08(木) 20:43:01 ID:p9CWts0t0
最近内藤死にすぎwwwww

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:46:25 ID:3E0oPbHt0
ツンデレが死んでしまったようです ではショボン悪だったよな・・・

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:46:41 ID:zQbqdUgzO
映 画 化 決 定

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 20:50:28 ID:xOmTr2VwO
>>79
内藤がネクロフィリアだった気がするんだが。

82 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:50:48 ID:0HGgUENQ0
電話で次の日の・・・いや、正式には今日の夜会う約束をした。もう、0時を回っていたのだ。
(  ^ω^)「ん?」
ノートには今日の出来事が書いてあった。

『ノートを持ったもの同士、協力して死から逃れようとする。そして、神の子供から連絡が来る。』

どうやら0時を回ると新たに書き込まれるらしい。
(  ^ω^)「神の・・・子供?」

今までここに書かれていたこと、全てがちゃんと起きた。神の子・・・ありえないことが起きても、もう動じない。

83 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 20:57:50 ID:0HGgUENQ0
夜がやってきた。まさか、協力することになるなんて。けど、ツンを思うと胸が苦しくなる。
(  ^ω^)「くっそ・・・絶対死なないでやるお。」
ショボンは大きなマンションに住んでいた。ゲートをくぐり、セキュリティーをくぐる。
(´・ω・`)「やぁ君か。待ってたよ。」
(  ^ω^)「・・・。」
部屋に入るととても綺麗に整頓されていた。そしてパソコンが三台。
(  ^ω^)「こんなにたくさん・・・。」
(´・ω・`)「仕事柄ひとつじゃ無理なんでな。」

そして、二人が談話をしているとパソコンのディスプレイにメッセージが。

 (二人・・・そろったみたいだね。)

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:01:30 ID:TDElpc/BO
もうホントにwktk

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:03:07 ID:zQbqdUgzO
wktk

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:04:28 ID:jVrP38+20
wktk

87 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:06:02 ID:0HGgUENQ0
(´・ω・`)「コイツが・・・神の子なのかな?」
(  ^ω^)「なるほど・・・。このノートに目がついていて監視できてるってことは、確かに人間じゃないお。」
 (またシカト〜?)

しかし、二人はあることに気付く。

(´・ω・`)「もしかして・・・声は聞こえないんじゃないか?」
(  ^ω^)「!!」
(´・ω・`)「いや・・・ありえるかもしれない・・・。まぁいい。とにかく、返事をしてやろう。」

(悪いな。二人で話していた。)
 (でしょ〜?僕、暇なんだから相手してよ〜。)
(で、お前はパソコンを使って俺達に話しかけてきているのか?)
 (違うよ〜頭を使って君のパソコンに接続してるんだ。)

(´・ω・`)「なるほど。人間じゃないんだな。」
(  ^ω^)「だからハッキングできなかったのかお・・・。」

 (さてさて・・・ところで、僕に会いたい?)

(  ^ω^)(´・ω・`)「!!」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:07:15 ID:jVrP38+20
wktk

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:07:41 ID:TDElpc/BO
なぜこんなにwktkするのに人が少ないのはどうして?

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:10:37 ID:jVrP38+20
>>89
みんな黙って見てるんじゃないか?

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:12:18 ID:uUbtpc5j0
>>90の通りじゃないか?
落ちそうになるとageてるし。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:12:49 ID:e7dE1/69O
ほんとにwktk

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:14:29 ID:2f5K/5VmO
みてるよ〜ノシ

94 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:14:48 ID:0HGgUENQ0
豪華客船そろそろ出ます( ´_ゝ`)


 (会う場所は・・・そうだなぁ・・・今度パーティに呼ばれているからそこは?)

(  ^ω^)「しかし・・・人間じゃないやつがパーティーに呼ばれている?」

(場所はどこで行われるんだ?)
 (豪華客船クリスマス号)
(お前は人間じゃないのに姿や形は人間なのか?)
 (特別な能力があるだけで、他は人間と同じさ。)
(お前は神の子か?)
 (違うよ〜そんなことあるわけないじゃん笑)

(  ^ω^)「笑ってwwww」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:15:07 ID:TDElpc/BO
>>90-91
把握した

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:17:05 ID:IAsYV6OyO
wktk

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:21:25 ID:zQbqdUgzO
wktk人数点呼

(・ω・)ノ 1

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:22:36 ID:ETGE9qVx0
     ノシ
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

99 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:23:25 ID:0HGgUENQ0
(その客船のパーティはいつだ?)
 (明後日だよ〜)
(12月22日か・・・)
 (それも乗船は夜ね)

少し話し方が変わった気がした。

 (チケット送ろうか?)
(ああ、頼む)
 (住所は完璧だよ〜ん笑)

(  ^ω^)「誰でも乗れるようなものなのかお?」
(´・ω・`)「神の子だからなんでもできるんだろ。今はこれしか手が無いんだ。罠だとしても・・・。」
(  ^ω^)「はいはいわろすわろす。」
(´・ω・`)「?」

それから相手との連絡は途絶えた。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:23:29 ID:uUbtpc5j0
wktk

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:24:25 ID:xMarDbtqO
1よ。何時頃終わるかだけ教えてくれ
明日は死体解剖の実習があるから徹夜はむりなんだよ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:25:06 ID:FyMwsVEcO
wktk

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:28:51 ID:gI8THvRgO
wktk

104 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:28:59 ID:0HGgUENQ0
>>101 あと、一時間あれば終わらせられるお。多分。

(  ^ω^)「そろそろ寝るかお・・・。」
ベットがあったのでそこに横になる。もうひとつのベッドのほうにショボンが横になる。
(´・ω・`)「お前は・・・今まで死にそうになったことがあるか?」
(  ^ω^)「ないお。」
(´・ω・`)「うそつけ。ノートに書いてあったぞ。小学校のとき屋上から・・・。」
(  ^ω^)「ああ、ヒーローの物真似でマント着けてジャンプしたやつかお?」
(´・ω・`)「良く助かったな。」
(  ^ω^)「あのときは本当にヒーローになれたんだお。奇跡ってやつを始めて体験したお。」
(´・ω・`)「なるほどな・・・。」

しばらく沈黙が続く。二人とも死を直視してしまったのだ。

(  ^ω^)「そうえいば、ショボンは何で死ねないんだお?」
(´・ω・`)「オレには・・・子供がいるんだ。離婚したんだがな・・・。だけど、クリスマスの日に会う約束があるんだ。」
(  ^ω^)「それは死ねないお・・・。」
(´・ω・`)「仕事柄、いつ死ぬかわからなくてな。」

お互い愛する人の為・・・死ぬことはできなかった。

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:31:33 ID:xMarDbtqO
ありがちな話しだが
そ れ が い い

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:32:33 ID:2f5K/5VmO
(;^ω^)

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:33:19 ID:ETGE9qVx0
ショボンも死ぬのか?

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:33:56 ID:xOmTr2VwO
>>1が誰なのか今気付いた俺がいる。

109 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:36:45 ID:0HGgUENQ0
>>105 ありがちな話しか書けないのでそこは我慢して欲しいんだ(´・ω・`)

次の日の朝。ノートにはこう書き込まれていた。

『電話をかける』


二人とも同じように。
(´・ω・`)「今日はやけに抽象的だな。」
(  ^ω^)「確かに・・・。」
(´・ω・`)「二人に同じ内容の電話か?」
(  ^ω^)「さぁ?」

―ガタン、ガタガタガタガタ

郵便受けに何通もの封筒が届く。

(´・ω・`)「全部・・・客船の招待状だ・・・。」
(  ^ω^)「ありえね〜お。」
(´・ω・`)「そういえば・・・いつパーティーは終わるんだ?」

招待状を見ると、そこには24日終了予定と書いてある。

(  ^ω^)「まるで旅行だお。」

110 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:42:04 ID:0HGgUENQ0
そして、二人は電話に手を伸ばす。
(  ^ω^)「先にどうぞだお。」
(´・ω・`)「どうも、どうやらノートに書き込まれた通りだ。しかし、電話ぐらい誰でもかけそなものだが・・・。」

ショボンは離婚した妻にもしかしたら遅れるかも知れないことを伝えた。

(´・ω・`)「遅れたら二度と会わせないだってよ。」
(  ^ω^)「二度と会えないなんて悲しいお。」
ブーンはその後、電話を借りてツンに一緒にパーティへ来ないか誘った。

ξ///)ξ「ほ、j;sだflほんtなおt・・・本当にいいの?」
(  ^ω^)「もちろんだお。」

そして、乗船前日の夜がやってくる。

(´・ω・`)「さて、どうやって謎の人物を見つけ出すかだな。」
(  ^ω^)「きっと会うって言うぐらいだからヒントを出してくるはずだお。」
(´・ω・`)「しかし、そいつを見つけ出せば、俺達が死なないで済む保障は・・・。」
(  ^ω^)「0(ゼロ)だお。」

二人はその後作戦を何度も練り直した。

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:43:19 ID:PuxK0Lgx0
VIPPER FIRE!! 〜冬のスーパーライヴ〜
http://203.131.199.131:8050/vip35.m3u
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1134043677/


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:49:23 ID:TDElpc/BO
tkwk

113 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:51:23 ID:0HGgUENQ0
時は既に12月22日午後7時

(  ^ω^)「はぁ・・・とうとうこの日がやってきてしまったお。」
船の前でブーンは言う。
(´・ω・`)「どうでもいいが乗船時間は八時だろ?出航はもっと先になるはずなのに・・・一時間前って・・・。」
(  ^ω^)「すまんお。」
ξ゚听)ξ「ったく寒すぎよ・・・。」
(  ^ω^)「しかしすごい船だお。」
ξ゚听)ξ「本当にすごい客船よね。」
(´・ω・`)「確かに・・・。」

大きな船が目の前にあった。ブーンは船に乗るのは初めてなのでとても興奮していた。
(  ^ω^)「とりあえず、今日は思いっきり楽しむお。」
(´・ω・`)「じゃ、謎の人物探しは明日か。」

二人とも死への恐ろしさはどこか消えて、余裕の笑みを見せていた。

そして、やってきた乗船時間。

(  ^ω^)「さてさて・・・。」

114 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 21:56:46 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「いっちばんのり〜。」
で、ブーンは乗った。すると主催者が船内で出迎えてくれた。
( ´_ゝ`)「ようこそ・・・クリスマス号へ・・・・・・・どうか最後まで私の人生にお付き合いください・・・・。」
(´・ω・`)「人生に?」
( ´_ゝ`)「ふっふっふっふっふっ・・・。」

三人は船員に部屋を案内される。
船員「では、こちらです。」
案内されたのは一室だけ。
(  ^ω^)「!!」
(´・ω・`)「!!」
ξ///)ξ「!!」

ブーンには嬉しさが、ショボンには悲しさが、ツンには恥ずかしさが込み上げた。

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 21:58:53 ID:f68gy4MNO
wkwk

116 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:00:08 ID:0HGgUENQ0
しかし、中に入ると、ホテルのスイートルーム並みに大きかった。

(´・ω・`)「なるほど、これで三人には一室で十分なわけか。」
(  ^ω^)「腹が減ったお。」
ξ゚听)ξ「ここにはディナーは十時からって書いてあるわ。」
(  ^ω^)「遅すぎだお〜〜〜。」
(´・ω・`)「ルームサービスでも取れ。」

ブーンはルームサービスを取ることにした。やってきたのはデザートの山。

(  ^ω^)「すごいお。」
ξ゚听)ξ「こんなの死ぬ前に食べれてよかったわ。」

死ぬ前に食べれてよかった・・・ツンの言葉が胸に刺さる

ツンはまだ知らない・・・ブーンが死ぬことを

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:00:35 ID:xMarDbtqO
ハッピーエンドを切実に願う

118 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:06:32 ID:0HGgUENQ0
いろいろあった。最初の夜は三人は何事もなく寝た。
なぜかブーンとツンは寄り添って寝た。

ちなみにその日のノートにはもちろん客船に乗ることが書いてあった。
そして朝を迎える。刻々と死へ近づいてゆく。悲しいものに死へ近づくからといって
周りが変わるわけではない。

(  ^ω^)「今日はなんて書いてあるんだお。」

『事件が起こる。』

(´・ω・`)「なるほどな・・・。」
ξ゚听)ξ「なにノートなんか見てるのよ。ほら、朝食に行きましょう。」

朝食へ走る三人。客船の中は迷路のようだった。これだけ豪華な客船でも有名な人は中々見かけない。
すると、悲鳴が聞こえる。

女「キャアアアアアアアアアアアアアアアア人が・・・・人がナイフで刺されて死んでる!!」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:07:32 ID:+UHg2HPB0
状況説明的叫び声ワロス

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:08:55 ID:e7dE1/69O
>>119
同じく不謹慎ながらワロタwwwww

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:09:34 ID:yEjDLtUo0
それなんてテリーマン

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:10:43 ID:ETGE9qVx0

  ゴ
   ゴ
     ゴ
    ゴ

123 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:11:55 ID:0HGgUENQ0
>>119 オレも書いててワラタwww

(´・ω・`)「何?」
ショボンとブーンはすぐさま悲鳴の聞こえる方向へ叫ぶ。すると廊下に人が死んでいた。
(´・ω・`)「これは・・・胸を指されて死んでる。」
(  ^ω^)「・・・。」
(´・ω・`)「即死だな。しかし、殺されたのは今のはずだ。まだ暖かいし、血も・・・。」

ブーンは周りに怪しい人物がいないか見渡す。けれど誰もいない。

(  ^ω^)「殺人事件・・・まさか、謎の人物かお?」
(´・ω・`)「まだ、わからない。きっとこれだけでかい船だ。警察関係者が乗ってるだろう。俺達は部屋に戻ろう。」
ξ゚听)ξ「ちょっと置いていかないでよ。」

三人は部屋へ戻る。そしてパソコンの電源を入れると予期していた通り?謎の男からメッセージが来た。

 (人が死んだみたいだね。)

124 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:16:21 ID:0HGgUENQ0
(お前が殺したのか?)
 (違うよ。けど、僕には犯人がわかる。)
(誰なんだ?教えてくれ。)
 (そのうちわかるよ。)
(・・・・。お前とはどこで会えばいいんだ?)
 (それじゃ今日の五時、今から指定する場所で会おうよ。ただし、会えるのは一人だけだ。)
(わかった。)

そして連絡は途絶える。そのことをブーンに話すと。

(  ^ω^)「いくお!!」
(´・ω・`)「オレが行く。」
(  ^ω^)「いくお!!」
(´・ω・`)「残念だがお前は時間も場所も知らない。彼女とでもいちゃついてろ。」
( ;ω;)「・・・。」

そして、約束の時間がやってきた。ショボンはブーンに見つからないようそっと指定された場所へ行く。
警察に認められたくらいだ。簡単にブーンの視界から消えることはできる。

????????「やあ待ってたよ。」

眩しい光で相手の顔は一瞬見えなかった。

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:19:26 ID:yEjDLtUo0
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

126 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:22:59 ID:0HGgUENQ0
目の前に立っていたのは離していた口調とは全然顔つきが違う。強面の男だった。

('A`)「来たのは君か。僕としてはブーンに会いたかったんだけどな。」
(´・ω・`)「すまんな・・・。」
危険を察知したのか用意してきた銃へと手を伸ばす。
('A`)「おっと銃は無用だよ。知っているだろう?僕は人間には持つことができない不思議な力があること。」
(´・ω・`)「・・・。わかった。お前とまともに戦っても無意味ということだな。」
('A`)「ま、僕は銃で撃たれれば死ぬけどね。僕の能力は人を殺すことはできない。」
(´・ω・`)「・・・このノートはいったい何なんだ?」
('A`)「そのノートは神が僕に授けたもの。そして、たまたま君達の手に渡っただけ。手にした瞬間その人の未来と過去が
ノートに書き込まれるんだ。」

そしてしばらく沈黙が続く。ショボンは考えていた。いったいこの人物から何を聞けばいいのか?
緊張の糸に縛られて、我を忘れていたようだ。

(´・ω・`)「助かるにはどうすればいいんだ?」
('A`)「さぁ・・・わからない。運命には逆らえないんじゃない?」

運命には逆らえない・・・・・・

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:25:47 ID:TDElpc/BO
wktk

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:26:47 ID:k+hB/xXlO
ちょwwwwwwドクオかよwwwwwwwwww

wktk

129 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:28:27 ID:0HGgUENQ0
(´・ω・`)「逆らえないか・・・。」
('A`)「それじゃあね。なんだか、君じゃつまんないや。」
それだけ言い残すと謎の男は名前も聞けないまま、消えてしまった。

部屋に戻ると、二人が待っていた。
ξ゚听)ξ「どこいってたの?」
(´・ω・`)「散歩してきた。」
(  ^ω^)「どうだったお?」
(´・ω・`)「運命には逆らえない・・・。」
ξ゚听)ξ「?」
(  ^ω^)「・・・。」

今日は23日。明日はクリスマスイブ。そして、船が帰港する日でもある。

クリスマスイブ・・・それが本当に二人の人生最後の日となるのだろうか?

130 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:31:44 ID:0HGgUENQ0
その日の夜。ディナー後。また殺人事件が起きた。

(´・ω・`)「犯人は・・・誰なんだ。」
(  ^ω^)「こっちもいつ殺されるか不安でしょうがないお。」
ξ゚听)ξ「本当にそう。」
(  ^ω^)「お前は絶対守るお。」
ξ///)ξ「・・・。」

そして、三人はクリスマスイブを迎える。

ノートには書かれている。

『運命の日。大事件発生。生と死を彷徨う(さまよう)』

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:34:36 ID:2f5K/5VmO
あれだな
そろそろ蝶ネクタイをした小学生が
あれれ〜なんか変だよ〜?
とか言いながら現れるな

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:35:14 ID:sBht0jlh0
>>131
ちょwwwwwwwwwwwwwwww

いや、ポニテの手癖悪い高校生かもわからんね

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:35:22 ID:Rc5GCYiQ0
眩しい光で相手の顔は一瞬見えなかった。

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2005/12/08(木) 22:19:26 ID:yEjDLtUo0
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


134 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:35:58 ID:0HGgUENQ0
>>131 ごめん、そっちじゃなくて、金田一方面だった。

ブーンは内心思っていた。

これが最初で最後なんだと。

ノートに書き込まれたことをとても不安に思う。きっと、この船で何かとんでもないことが起こると。
未来がわかるおかげで、準備はできていた。そして新たな殺人事件が。

(´・ω・`)「・・・。これは?」

証拠らしきものをショボンは見つける。

(´・ω・`)「犯人はわかった。じっちゃんの名にかけて!!」
(  ^ω^)「言うタイミングが違うお。でも、犯人がわかったのかお?」
(´・ω・`)「ああ。」
(  ^ω^)ξ゚听)ξ「!?」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:37:59 ID:8z3KHO/oO
>>104
であの話の作者だと気付いた
リンクしてるのか
ショボンは・・・

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:39:36 ID:xOmTr2VwO
凄い数のパラレルワールドとかじゃね?

137 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:40:31 ID:0HGgUENQ0
そろそろ終わりに近づいてきましたお(  ^ω^)

ξ゚听)ξ「しかし、最初のクリスマスイブがこんなところで過ごせるなんて幸せね。」
(  ^ω^)「・・・。」
ブーンの心は暗くなる一方だった。

そして、船が帰航につき始めた途端、船から爆発音が聞こえた。
(´・ω・`)「今何か聞こえなかったか?」
(  ^ω^)「なにも聞こえてないお?」
ξ゚听)ξ「うん、何も聞こえてない。」

―バアン!!

今度は確かだった。船に仕掛けられた爆弾が爆発しはじめたのだった。

138 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:43:18 ID:0HGgUENQ0
ξ゚听)ξ「ば、ばくはつ!??」
(´・ω・`)「まさか・・・・。」
(  ^ω^)「や、やばいお!!」

―バアン!!バアン!!

船内はパニックに陥る。

(´・ω・`)「くそっ!!」
ブーンは急いで部屋を出る。
(  ^ω^)「お、置いて・・・に、にげるのかお!?」
ξ゚听)ξ「そ、そんな・・・でもそんな人には見えなかった・・・・・。」
(  ^ω^)「と、とにかく逃げるお。」

二人がいるのは船の下のほうの階。早くしないと浸水する恐れがある。

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:45:27 ID:qyw8VaZA0
>>135
あの話?

140 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:46:55 ID:0HGgUENQ0
ξ゚听)ξ「だ、だめ・・・あわてると発作が・・・。」
(  ^ω^)「・・・お、落ち着くお。」
ここでツンに倒れられたりしたら、もう逃げられない。
乗客の騒ぎ声が聞こえる。
しばらく落ち着けそうに無い・・・。
ξ゚听)ξ「ごめん・・・ごめんね・・・。」
(  ^ω^)「こっちこそ・・・ごめんだお・・・。」
涙。



―下の階のある一室。
(´・ω・`)「あなたが犯人なんだろ?」
?????????「そうだよ。私の最後の人生に付き合ってくれてありがとう。あの三人は殺さなくてはならなかった。」
(´・ω・`)「理由など聞いている暇はないんだ。爆破を止めるんだ。」
?????????「もう、止められないさ。君のような私を目撃した人がいると困るんで爆破した。」

いつのまにか足元には水が浸水してきていた。


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:49:43 ID:TDElpc/BO
いよいよ佳境か!?wktk

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:49:54 ID:3E0oPbHt0
あぁぁぁああぁぁっぁぁ 11時に落とされる仕様な俺の家wwwwwwwwww





orz

143 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:50:01 ID:0HGgUENQ0
( ´_ゝ`)「あの三人は・・・私の手で始末したかったんだ。」
(´・ω・`)「理由など聞きたくない。貴様のわけのわからぬ乗船パーティーのせいで犠牲者が何人でると思ってる?」
( ´_ゝ`)「私は癌を宣告された。時間がなかった。だから最後ぐらい花を咲かせようと思ったんだ。」
(´・ω・`)「なんでそう身勝手なんだ?」
( ´_ゝ`)「人間死を目前にすると本性が現れるものさ。」

(´・ω・`)「ふざけるな!!」

―カチッ
―カチッ

二人は銃を構えた。水は太ももまできている。

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:53:03 ID:2g4tcNcy0
どっちかっていうと(´・ω・`)が主人公に見えるな

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:54:04 ID:xMarDbtqO
なんとなくスレタイの意味がよめた気がす

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:56:08 ID:Rc5GCYiQ0
オチ予想
(´・ω・`)が( ^ω^)をかばって死む

147 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 22:56:26 ID:0HGgUENQ0
ξ゚听)ξ「はぁ・・・はあ・・・。」
まだツンは、パニック状態に陥っている。
水がもう、浸水してきている。ブーンがおんぶしている状態だ。
しかし、水が太ももまできていて、中々進めない。

ξ゚听)ξ「私を置いていってよ。」
(  ^ω^)「置いていかないお。後悔無く生きてみたいんだお。」

―後悔無く生きてみたい。

ξ゚听)ξ「でも・・・あなたを道連れにしたくないわ。」
(  ^ω^)「・・・ツン、実は・・・。」

ブーンはツンにノートの全てを話した。

ξ゚听)ξ「・・・。そんな・・・。」
そして、ブーンは付け足した。


(  ^ω^)「林檎の木の話・・・知ってるかお?」
そしてゆっくりと話始める。
(  ^ω^)「ある人は言ったんだお。例え明日世界が滅びようとも私はここに林檎の木を植えるって。」

だから、私は明日死ぬと決まっていても貴方を助ける。

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:58:30 ID:2g4tcNcy0
これって有名な言葉?はじめて聞いた。
ちょっと感動。

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:59:14 ID:TDElpc/BO
>>146
書き手がやりにくくなるだけだろ>オチ予想

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 22:59:24 ID:sBht0jlh0
>>148
かなり有名

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:01:55 ID:e7dE1/69O
>>148
漏れも知らなかった
感動

152 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:02:07 ID:0HGgUENQ0
ブーンとツンは船の甲板についた。そこから人々が非難している。
船員「まずは、女性と子供から・・・。」

(  ^ω^)「絶対生きて帰るお。」
ξ゚听)ξ「嫌だ!!あなたが明日死ぬならあたしも一緒に死ぬわ!!」

いつのまにこんなに愛し合っていたのだろう?

(  ^ω^)「行くんだお!!オレは死ぬんだお!!死ぬ男といたって意味ないお!!」

涙が溢れる。

ξ゚听)ξ「なんでよ!?あたしは・・・あたしは・・・。」

ツンは船員に手を引かれボートに連れて行かれる。

ξ///)ξ「いやだ・・・いやだあああああああああああ。」

今までの思い出が一気に思い出される。

―そ、その逆だお

―き、綺麗な夜景がみえるところが ・・・

―じ、実は・・・

ブーンが遠ざかったく

ξ///)ξ「ブ――――――ン!!」
彼女は叫んだ。ブーンには痛いほどその声は届いていた。

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:02:24 ID:2g4tcNcy0
>>150
無知な俺に詳しく

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:03:38 ID:sBht0jlh0
>>153
ゴメン実はそう有名じゃないかもしれない
ただ「ああ、聞いたことあるな」みたいなのが多い
俺も初めて聞いたのが何処だか思い出せない

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:04:54 ID:LiGecJHu0
詩人の恋

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:06:06 ID:xMarDbtqO
ツンデレじゃないツンデレモエスwww

157 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:06:38 ID:0HGgUENQ0
ブーンは走り出した。もちろん、ショボンを探すために。

信じていた。ショボンが逃げたんじゃないと。

すると浸水した水の上に数々の死体。

(  ^ω^)「ちっ・・・冷たいお・・・・。」
すると、浸水した水の上にショボンが血だらけで浮いていた。

(  ^ω^)「おい!!しっかりするお!!ショボン!!」
(´・ω・`)「あ・・・お前か・・・。」
意識が少しあった。
(´・ω・`)「約束・・・間に会わないな。」

―子供とクリスマスに会う約束してるんだ

(  ^ω^)「ま、まだ間に会うお!!」
(´・ω・`)「オレさ・・・嫌だよ・・・死にたくないよ・・・。」

泣いていた。

何故、こんなにも悲しいのだろう?

(´・ω・`)「二度と・・・会えないのかな・・・。」

12月24日7時 運命の歯車は動き出す。

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:06:43 ID:OrCIXxVnO
作者が教えてくれるさ

明日にはこのスレは無くなっているかもしれない
だが私はレスする

wktkの意志表示のために

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:07:39 ID:qyw8VaZA0
涙腺ぶるぶるきた・・・

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:08:17 ID:ym/gCjg+O
ちょっとした映画みたいだ

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:08:23 ID:e7dE1/69O
ショボンの想いが切なすぎる…

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:08:33 ID:LiGecJHu0
ゲオルグ・ゲオルギウ

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:08:58 ID:TDElpc/BO
例え後1分でdat落ちしようとも私はここでwktkする

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:09:08 ID:af9d/X3dO
×非難
○避難では?

165 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:10:12 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「くそぉおおおおおおお!!!」

限界だった。けれど、目の前の友を見捨てるほど無情な男じゃなかった。

ブーンはショボンの思い体を背中に背負いボートのある甲板へと急ぐ。

船は傾き出す。



船員「これ以上は無理だ。ボートを全部降ろせ。俺達も非難するぞ!!」

甲板にブーンが着いたとき、そこにもう船員はいなかった。

(  ^ω^)「・・・本当に今日が人生最後の日になるみたいだお。」

運命は変えられない。

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:10:23 ID:2f5K/5VmO
たとえ明日VIPが閉鎖されようとも
私はハロワには行かない

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:11:28 ID:LiGecJHu0
たとえ明日ちんこがたたなくなろうとも
特に支障はない

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:12:02 ID:Rc5GCYiQ0
たとえ明日雛見沢が破滅しようとも
私は笑っていたい

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:12:26 ID:8vvgPBfB0
枠手蚊

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:13:03 ID:g5oEhEzhO
wktk

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:13:20 ID:8vvgPBfB0
おまいら林檎の木に反応しすぎwwwwwwwww

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:13:20 ID:qyw8VaZA0
(;ω;`)ウッ

173 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:15:38 ID:0HGgUENQ0
(  ^ω^)「生きるおショボン!!」
(´・ω・`)「はぁ・・・はぁ・・・そうだな・・・子供のために・・・生きなきゃな・・・。」
(  ^ω^)「お前が死んだらサンタさんは誰がやるんだお!!」
(´・ω・`)「はは・・・やばいよ・・・遅刻したら二度と会えないよ。」

赤く染まったからだで息を荒くしながらショボンは言う。

―ガガガガガガガ

船が沈みだす。

(  ^ω^)「これ、ボートっぽいお・・・これにつかま・・・」

ブーンでさえも意識が遠のいてゆく。

ボートらしきものに乗り込もうとした・・・乗れたのだろうか?ショボンは?



最後に覚えているのは

ショボンが笑った顔だった。

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:19:47 ID:e7dE1/69O
(´;ω;`)

175 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:19:58 ID:0HGgUENQ0
12月24日午後11時59分

―病院

ショボンとブーンは救助された。そしてツンに暖かく見守られている。
あと、一分で明日だ。

そう、12月25日



12月25日0時0分0秒

『ピィ―――――――』

心拍数0(ゼロ)の音が院内に響き渡る。


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:20:54 ID:8vvgPBfB0
しなないでよ

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:21:24 ID:LiGecJHu0
テラカナシス

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:21:35 ID:n1ssDSLn0
>>175
!!!!
wktk

179 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:23:53 ID:0HGgUENQ0
ξ゚听)ξ「・・ブーン・・・?嘘だよね?運命変えるんだよね?」

―運命を変える

ξ///)ξ「ねぇ?返事してよ?来年もクリスマスやろう?」

―来年もクリスマスやろう

ξ///)ξ「・・・豪華客船じゃなくてもいいよ・・・ブーンの汚い家でもいいよ!!」

―ブーンの汚い家でもいい

ξ///)ξ「ブーン・・・ねぇ?なんでなの?運命って素敵な言葉なのに・・・苦しいよ?」

―運命って素敵な言葉なのに・・・

ξ///)ξ「あたしには・・・運命を変える力はないの?」



無力。人間は無力。ただただ、ツンの胸に強く突き刺さった。

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:24:45 ID:M3vXY2iXO
前作と言い、どうして>>1はこうも涙腺を締め付けるんだろう?

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:27:04 ID:TDElpc/BO
目から汁が

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:27:34 ID:kfNZCRUmO
( ゚Д゚ )

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:27:43 ID:KZAUetMeO
ブーンが運命に屈するはずないお!
ブーンが…死ぬわけないお!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:27:47 ID:IAsYV6OyO
目から汗が

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:28:29 ID:LiGecJHu0
ちょ・・・・

186 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:28:45 ID:0HGgUENQ0
ブーン、ショボンは死んだ。そう、12月25日に死亡した。
しかし、ブーンだけは命を吹き返した。

(  ^ω^)「ん?なんだか・・・今変な世界を彷徨った気が・・・。」

『ピッ・・・ピッ・・・』

心拍数がゆっくりと元の音を出す。

ξ゚听)ξ「ブーン!!」
(  ^ω^)「ツン!!なんで・・・死んでないんだお?」

確かにブーンは一度心拍数0(ゼロ)で死んだ状態に近かった。

ブーンが運命に背いたのか?

ツンの思いが伝わったのか?

(  ^ω^)「ショ、ショボンはどうしたんだお?どうせ元気なんだお!!ショボ――――ン!!」

ショボンのいる隣のカーテンをそっと開ける。

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:30:00 ID:TDElpc/BO
キ━━( ゚Д゚ )━━!!

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:31:12 ID:af9d/X3dO
ブーンだけ、と書いてるが…………

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:31:34 ID:kfNZCRUmO
>>186
嬉しい反面、なんか萎えた。

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:31:52 ID:ym/gCjg+O
息を吹き返す な。

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:32:15 ID:qyw8VaZA0
ショボンはどうした!!?!

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:32:38 ID:af9d/X3dO
×非難…○避難

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:32:42 ID:KZAUetMeO
(つд`)ヨカタ…
できることならショボンも…生きろ!

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:33:15 ID:bo8L8svk0
12月25日には死んでたってことか

195 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:33:56 ID:0HGgUENQ0
『ピ―――――』
ショボンの心拍数は元に戻ることはなかった。

(  ^ω^)「ショ・・・ショボン?ち、遅刻するお!!ほら、早く起きるお!!」

ショボンは目を瞑ったまま起きない。

(  ^ω^)「冗談はよすお。クリスマスに子供と会う約束したんだろお!!」

クリスマスの約束

(  ^ω^)「おいおい。二度と・・・二度と・・・二度と会えな・・・。」

涙で声がでなかった。涙が止まらなかった。愛する友の死が・・・。

何故自分だけ助かったのだ?

何故自分だけ?

ブーンは壁に頭を打ちつけ始めた。

( ;ω;)「おれは・・・今日死ぬ運命なんだお!!ここで、死んでやるお!!ショボンと同じところにいくんだお!!」

ξ゚听)ξ「ちょっと・・・やめてよ・・・やめてよぉおおお!!」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:34:53 ID:KZAUetMeO
ダビングして見せたから…

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:36:30 ID:2f5K/5VmO
うわああああああ!!!!!!





それなんてリング?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:36:42 ID:ym/gCjg+O
それ何てリング?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:37:21 ID:8vvgPBfB0
それポンデリング?

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:37:49 ID:2f5K/5VmO
よし婚約者確保

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:38:42 ID:af9d/X3dO
着信あり?

202 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 23:40:07 ID:3nggRYG4O
やっと追いついた。

203 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:44:53 ID:0HGgUENQ0
12月25日朝、ショボンの実名が明らかになった。

showborn・apple・love

(  ^ω^)「こいつ・・・死ぬとき笑ってたお。名前も面白いし、なんだか・・・。」
まだショックからはあまり立ち直れていないものの少し落ち着いてきたブーン。
ξ゚听)ξ「きっと、ショボンも天国であんたのこと笑ってるわよ。」

院内には林檎の木があった。そこへブーンは歩み寄る。

(  ^ω^)「名前の通り、林檎の木にきっと生まれ変わってるんだお。」

林檎の木が風に吹かれて揺れる。木に向けてブーンは語りかける。

(  ^ω^)「なんて言ったらいいのかわからないお。本当に二度と会えなくなっちゃったお。
けどお、お前がいたおかげで、きっと助かった人たくさんいたお。とにかく感謝してるお。」

―ザザザザ

木が揺れる。ブーンに語りかけるように。それから、ノートにブーンの未来が書かれることはなかった。

愛する人の為、最後まで尽くしきった・・・きっと辛かったんだね

さようなら、ショボン

ブーンとツンをいつまでも見守っていてね



ブーンが林檎の木に語りかけるようです。

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:45:27 ID:B9G/AdkYO
俺もやっと追い付いた。がんばれ>>1

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:46:07 ID:8vvgPBfB0
ちょ・・・・・目が・・・・・

206 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:46:28 ID:0HGgUENQ0
終わりです。
ちょっと変な部分もあったと思います。そこはすいませんでした。
>>192 指摘ありがとう。

そして最後まで読んでくれた人、どうもお付き合いありがとうございました。

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:46:37 ID:xMarDbtqO
イイカンジの長さだった


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:46:43 ID:qyw8VaZA0
乙カレ〜
感動した!!
ありがとう>>1

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:47:06 ID:sBht0jlh0
目がぁ目がぁ・・・
(´;ω;`)

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:47:26 ID:k/ab70mbO
(´;ω;)・・・ウッ


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:47:29 ID:ym/gCjg+O
(´・ω・`)






(´;ω;`)ブワッ

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:48:14 ID:sBht0jlh0
>>1
このスレのログは保存させてもらうね

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:48:34 ID:ETGE9qVx0
で、あのノートと('A`)はなんだったん

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:48:39 ID:2f5K/5VmO
これは泣いた

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:49:03 ID:+UHg2HPB0
(´;ω;`)ブワッ

ショボンの子供がちょっと気になるが…まぁいいか

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:49:33 ID:M3vXY2iXO
よかったよ。
また会える日を楽しみにしてる。

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:49:40 ID:af9d/X3dO
ノートなくても

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:49:56 ID:e7dE1/69O
泣いた

219 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 23:50:09 ID:3nggRYG4O
林檎が出てきたぁ(×_×;)

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:50:41 ID:i55Zlw55O
1よかったよ!ありがとう(´;ω;`)

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:51:08 ID:dePNHtj/0
便利ソフト「Win高速化」 悪徳業者の乗っとりにあって開発中止2
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1134051290/

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:51:11 ID:k+hB/xXlO
>>1
乙〜

223 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:51:15 ID:0HGgUENQ0
>>204 ごめん終わっちゃった。
>>205 (´・ω・`)
>>207 うん。短編だお。
>>208 こちらこそありがとう。
>>209 (´・ω・`)

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:51:25 ID:ffZTSINC0
人を感動させやがってVIPのくせにぃぃぃぃ

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:51:46 ID:IAsYV6OyO
ありがとう>>1

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:52:21 ID:bo8L8svk0


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:52:39 ID:poxwxd0N0
ショボンの家族のその後について書いてくれたらもう一回泣く自信がある

ウッ

228 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:53:07 ID:0HGgUENQ0
>>210 (´・ω・`)
>>211 (・´ω`・;A
>>212 どうもだお(  ^ω^)
>>213 そこは謎のままだお。オレにもわからない。
>>214 (´・ω・`)
>>215 そこ、悲しいから書かない

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:53:49 ID:YAC+e5mHO
>>1
お疲れ様。


(´;ω;`)あれ…?目から変な水が…

230 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:55:20 ID:0HGgUENQ0
>>216 我慢しきれずにすぐ出現するけど、そのときはゴメン(´・ω・`)
>>217 (´・ω・`)
>>218 (´・ω・`)
>>219 遅くてスマソ。
>>220 こちらこそ読んでくれてありがとう。


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:56:35 ID:4+pw8klxO
ショボン…ショボォォォォォォン!!
(´;ω;`)

232 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:56:50 ID:0HGgUENQ0
>>221 ( ´_ゝ`)
>>222 お前も乙
>>224 それがVIPクオリティー
>>225 こちらこそありがとう
>>226

233 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/08(木) 23:57:22 ID:3nggRYG4O
いや楽しかったよ…
また読ませてね

234 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/08(木) 23:57:51 ID:0HGgUENQ0
>>227 そこは悲しすぎますお(´・ω・`)
>>229 君もお疲れ様
>>231 (´・ω・`)

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:58:09 ID:ffZTSINC0
いつまで全レスするんだw

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:58:09 ID:2jnbWQbPO
どうしてブーンの運命だけ変わったの?

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:59:12 ID:Fv94X44M0
>>1
ありがとう

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/08(木) 23:59:17 ID:jsRfLJWd0
>>1おつぅ(´;ω;`)

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:00:02 ID:GLaF8jkAO
ハンネかえろよwwwww

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:00:19 ID:2RBa0vv50
これは久々の良スレだったよ。
>>1thx

241 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:02:31 ID:1jZokMVF0
>>233 それはよかったですお。
>>235 いや・・最初にちょっとレスしたら、もっといて・・・全員にレスしないと悪い気が(´・ω・`)
>>236 ブーンにも、ショボンにも死ぬことは確定していました。そして二人とも死にました。ブーンも死に近い状態で。
     そして、ブーンは息を吹き返す。ショボンは死んだ。とりあえず、二人は死んだことになった。その先の未来は書いていない。
    それが、運命に背いたのか、なんなのかはわかりません。説明下手でスマソ。
>>237 こちらこそ、ありがとう。
>>238  そっちもお疲れ。
>>239 お気に入り( ´_ゝ`)

242 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:03:28 ID:1jZokMVF0
>>240 THX

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:04:34 ID:WBrddBcU0
文才ありますな
楽しかった  >>1

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:06:51 ID:XLvBuVy6O
まとめサイトあるなら知りたいお

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:10:02 ID:lM0In1A3O
>>1
乙。
ショボン…(つд;)ウワーン
いい話だったお、いつでも戻っておいでお!


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:11:25 ID:pC5uvYue0
感動したお!

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:18:12 ID:1qezrjdU0
◆XTkLTDNHHY の作品を読めるのはVIPだけ




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:21:35 ID:w3fFdD5F0
激感動

249 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:22:13 ID:1jZokMVF0
>>243 お疲れ様。ありがと。
>>244 ないお(´・ω・`)
>>245 多分、すぐ戻ってきちゃうお。
>>246 ありがとうだおwwww
>>247 VIPだけだお。そちらもお疲れ様(´・ω・`)

250 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:23:12 ID:1jZokMVF0
>>248 激感謝。

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:23:38 ID:yfsqS1JsO
泣かせやがって・・・!
1さんお疲れさま。

252 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:26:40 ID:1jZokMVF0
>>251 夜遅くまでお疲れ様ですお。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:27:33 ID:fARGpBR1O
泣いたじゃねぇかまじでぁぁぁあ

254 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:28:32 ID:1jZokMVF0
>>253 (´・ω・`)

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:28:58 ID:arJ7Bj130
林檎あんま関係ないじゃん!
そこだけ不満。あとは良い。お疲れ。

256 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/09(金) 00:30:15 ID:A4AOi+kBO
落としたくないな…

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:30:22 ID:fvQOyehx0
ツンデレの発作の件はどうなったか知りたい

258 :ワン・ツー○ ◆wanntuaf9U :2005/12/09(金) 00:32:23 ID:OVSOlSzW0 ?##
読む途中でスレタイ何回も読んだらなんかwktkした
お疲れです

259 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:32:52 ID:1jZokMVF0
>>255 そうなんだよね。あんま関係ないの。ただ、「林檎の木」って映画で中でも出てきたけど、「明日世界が滅びようとも〜」
ってのをみんなにわかって欲しかった。だから、再確認のためにブーンがもう一度、林檎に語りかけたんです。
もう一度、心に刻むために・・・。

>>256 それが運命。
>>257 発作は大丈夫だった。ツンの発作はパニックに陥ると血圧が上がりすぎる発作。
>>258 そちらもお疲れ

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:33:01 ID:0nk8xoWeO
携帯から見たいんだが本編にだけ安価飛ばしてもらえないか?

261 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 00:36:27 ID:1jZokMVF0
>>260 ムリス。ごめんな。ガンガレ。

ではそろそろ落ちます。

レスくれた人、レスこれからくれる人、ちょっとだけでも見てくれた人

全員 ありがとう。

運命みたいな決められた未来など気にせずに頑張ってください。

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:37:55 ID:SNTiJNpj0
な、泣いてねーよ!











(´;ω;)・・・ウッ


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:42:35 ID:Ilfhm92v0
>>1
>>4
>>7
>>9
>>13
>>18
>>21
>>24
>>29
>>32

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:42:56 ID:Ilfhm92v0
>>33
>>38
>>41
>>43
>>46
>>47
>>49
>>51
>>55
>>57

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:43:11 ID:Ilfhm92v0
>>61
>>65
>>66
>>73
>>82
>>83
>>87
>>94
>>99
>>104

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:44:09 ID:ApnLxymb0
色々と不完全燃焼なのか
それともエヴァ的手法なのか

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:44:47 ID:Ilfhm92v0
>>109
>>110
>>113
>>114
>>116
>>118
>>123
>>124
>>126
>>129

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:46:13 ID:Ilfhm92v0
>>130
>>134
>>137
>>138
>>140
>>143
>>147
>>152
>>157
>>165

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:47:31 ID:Ilfhm92v0
>>173
>>175
>>179
>>186
>>195
>>203

正直迷惑かもしれないと思ったが一人でも多くこれ読んで欲しいと思ったので。すまなかった。

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:54:30 ID:0nk8xoWeO
ありがとう、助かる。


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 00:59:02 ID:81gCAOkMO
落としたくない…(´・ω・`)
最近ブーンスレで感動する話多いな。>>1乙&GJでした。

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:00:03 ID:f6EnuYCfO
花を咲かせるといい、世界観が独特で良いな。
ただ毒男の『僕』は・・・

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:00:47 ID:0/o0lbh6O
読み終わるまでおとさねぇぜ

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:03:02 ID:f6EnuYCfO
この前俺が書いたのとはえらい違いだな

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:07:30 ID:Jt40KNJ2O
('A`):へっブーンの奴、運命から逃れやがったな
('A`):ああゆう奴がいるからここは面白いんだ
('A`):しかし、ショボンは馬鹿だな。あんな笑顔で死んで行きやがった
('A`):よし…


ショボ息子:ママー?パパはー?
ショボママ:あの人が死んだなんて…あんな仕事してるからよ、馬鹿な人ね………
ショボ息子:ママ泣いてるの?悲しいの?大丈夫だよ!今日はパパが来てくれてママのことを元気づけてくれるよ!
ショボママ:あのね、パパはね……
ショボ息子:あれ?玄関に何か置いてるよ!うわあ、これきっとプレゼントだよ!

ショボ息子が箱を開けて見るとそこにはショボ息子の大好きなVIPレンジャー変身セットがあった

ショボ息子:すっごいや!カッコいい!!
ショボママ:いったい誰が、まさかあの人が?

箱には宛先も何も書いていなかった

ショボ息子:きっとパパだよ!これ着てパパと遊ぶんだー!!
ショボ息子:パパ早く来ないかなー!



('A`):坊主、お前のパパは強い男だったよ
('A`)まるで林檎の木のようにな

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:10:43 ID:m8b+HNfA0
今読み終わった
>>1GJ!これぐらいの長さが丁度いいわ

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:17:56 ID:Jj/QEpLmO


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:21:34 ID:Ilfhm92v0
>>275
おま・・・・・最高・・・涙・・・・ウッ・・・

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:23:32 ID:0/o0lbh6O
読み終わった。良い話だ。作者がすべてを説明していないのが我々読者の想像力を掻き立ててくれるので良かったよ。
ツンデレがツンデレしてないのもツボだ。まったく…罪な>>1だぜ

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:23:58 ID:lM0In1A3O
>>275
なんかヨカタ(つд;)
残尿感から解放された感じ?
乙です。

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:24:32 ID:fvQOyehx0
>>275
くはぁっ・・・!(TДT)

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:25:11 ID:0/o0lbh6O
>>275で目から汗が噴き出したんだがどう責任とってくれるんだ

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:26:05 ID:uPzyWvW10
http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 01:29:11 ID:81gCAOkMO
>>275
おまっ…最高(つД`)

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 02:15:50 ID:rqjZnLtFO


286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 02:59:07 ID:Td/25cqXO
作者乙!

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 03:53:11 ID:U4uIl5WsO
>>1乙!!
涙がとまんねぇよ
(T_T)

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 04:11:27 ID:mxPH2ru7O
作者GJ!!!

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 04:41:32 ID:AMYftdt6O
手動保守

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 06:34:39 ID:kXDfdkVHO
( ^ω^)保守だお

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 06:55:31 ID:rqjZnLtFO


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 07:38:16 ID:kXDfdkVHO


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 08:03:30 ID:A+TJ9IGO0


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 08:08:04 ID:ApnLxymb0


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 08:30:14 ID:U4uIl5WsO


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 08:51:17 ID:ZIWGdB/LO


297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 09:24:15 ID:o2gf6LvdO
保守d
おかげで続き読めたお。
>1お疲れさまだお。

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 09:26:54 ID:+JYufARM0
窓の外ではリンゴ売り 声をからしてリンゴ売り
きっと誰かがふざけて リンゴ売りのまねをしているだけなんだろう


の歌詞を思いだした

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 09:38:25 ID:415qBZwxO
保守党

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 09:55:15 ID:X+hFqHAlO
保守

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 10:39:39 ID:hhVzoqT9O
涙が…

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 10:40:05 ID:kXDfdkVHO
まだ落とさない

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 11:15:48 ID:IUxQKCMwO


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 11:27:20 ID:VgF9wP5h0
ほしゅ

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 11:59:51 ID:CepFs5s1O
死守

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 12:23:38 ID:kXDfdkVHO
( ゚д゚ )

307 :携帯で頑張る人を応援します:2005/12/09(金) 12:39:52 ID:0grMQOFJO
携帯だらけやんwww

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 12:41:15 ID:CRSsIifrO
>>1(´・ω・`)ずっと見守るよ保守

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 12:42:36 ID:ch1fdxpJ0
ハァ?                 ボコッ
   ふざけた顔      . ,.'彡'・
     してんじゃねえぞ /⌒ヽ';' ブー….  ∧_∧
         ∧∧/)、`二(;;)^ω(:;)二⊃,.゚. (´∀`#) 氏ね!
        (#゚Д゚/^)∴;'|;';.'/.;' '´。 ::;:,(    つ
        と  ´ //`W( ヽ(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  )
         (  ノ`´//  ノ>ノ、' ''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \
         (__)彡   レレ  ドカッ\\   (__)

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 13:14:08 ID:Jj/QEpLmO
ほす

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 13:37:03 ID:xY0RN0mQ0
hosu

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 13:58:22 ID:Xlcf5eElO


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 14:35:00 ID:IUxQKCMwO


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 14:35:14 ID:A+TJ9IGO0


315 : ◆iXiOde3yG. :2005/12/09(金) 14:39:46 ID:8Ns1HFpe0
>>1
ブーンが死んでしまったようです。よりもよっぽど良かったよ……
マジで良かった。本当に読めてよかった。ありがとう。次も楽しみにしてる

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 15:13:59 ID:Jj/QEpLmO


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 15:14:10 ID:LiQNg3ybO
ほしゅ

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 16:04:11 ID:At2Fd+s/O
ほす

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 16:48:07 ID:sawBkyCs0
やっと追いついた
>>1
目から水が出た。面白かった。乙。
(´・ω;`)ウッ…

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 17:32:03 ID:kXDfdkVHO
保守

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 17:42:26 ID:A+TJ9IGO0
ほっしゅほっしゅ


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 17:47:07 ID:axwr0ltD0
>>315
ちょwwwwwwwwww

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 17:50:53 ID:1QwqHINl0
出遅れた…。


324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 18:14:51 ID:lM0In1A3O
なんで終わったのに保守してんの?wwwwwww
と、言いつつ保守。
気持ちはわかるぜw

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 18:27:33 ID:Jj/QEpLmO
保守

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 19:08:18 ID:U4uIl5WsO
保守

327 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/09(金) 19:14:00 ID:O2UDSb/K0
まとめようかな、、、。

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 19:50:52 ID:HJLNir6+0
まだ残ってんのかよwwwwwww

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 19:53:06 ID:rWzo9K8vO
この小説は伝えたい事が伝えたる小説か。
よくわからんファンタジーよりは数倍よかった。
しかも、part.スレにならなかったのがすごいな。

>>1


330 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 20:13:24 ID:RqYMJvdK0
まだ残ってたwwwwwwww感謝です。
みなさん、どうもありがと。
そして、>>263-265 >>266-269わざわざありがと(´・ω・`)迷惑じゃないお。
>>275 感動した( ;ω;)

それで、せっかくスレ残ってるから、ちょっと残った疑問を解決します。

ツンがツンデレじゃなかった理由とか。

あんまり物語とは関係ないけど。

331 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 20:18:43 ID:RqYMJvdK0
まず、ツンがツンデレじゃなかった理由。

ツンは学生時代の頃は完全なツンデレでした。
だから、ツンはブーンに告白さえできませんでした。

ある日ツンには彼氏ができました。
しばらくして、ツンデレが理由で別れることになってしまいとても傷ついてしまいました。
そして、ツンはツンデレではいなくなることを決心したのです。

人間素直になることも大事だな。と思ったのです。

それからツンはツンデレでいなくなりました。
まぁツンデレもツンデレでいんですがねwwwwwww



次、謎の人物('A`)←神の子?は何だったのか?どうなったのか?何が目的だったのか?

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:21:22 ID:JJSTX79SO
ドクオの事は明かさなくてもいいんじゃね?

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:21:43 ID:+fQYsqeT0
ちょwwwwwwwwwwwなんか戻ってきてるwwwwwwwwwwww

334 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 20:28:51 ID:RqYMJvdK0
まず、('A`)は神の子です。説明不足でしたが。
そして『僕』と呼んでいるのは気にせずに。

この話の中で『神』という言葉が度々でてきます。
そして『('A`)』は人間にはない力を持っていました。
つまり『('A`)』が言うように『神』がいるとすると、強さや階級的には
神、神の子、ブーン達の順番になります。

そして、ノートを作ったのは『神』と中で説明しました。ってかした気がしますwwwww

実際、ブーン達は神の子に踊らされていたようなものです。
その理由にブーン達は自分達の決められた運命に何も手出しができませんでした。
だから('A`)を追ったのです。

それと同じ考えでやると・・・・
('A`)は『神』の手の中。

わざわざ船に呼ぶ必要などあったのか?
呼ばなくても何も起こらず死んだはずでは?

('A`)はブーン達を見て楽しんでいました。

('A`)が起こした奇妙な行動は『神』が楽しむ為に('A`)を操っていたのかもしれません。

もしかしたら('A`)も神に踊らされていたのかもしれません。

ここはあえて謎にしておきます。説明下手でスマソ('A`)

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:34:49 ID:+fQYsqeT0
ふぅん、みんな神の手の内って訳か
ブーンが復活したのは紙の想定の範囲外だったんだろうか

336 :スレタイをオチに持ってくる人 ◆XTkLTDNHHY :2005/12/09(金) 20:39:45 ID:RqYMJvdK0
さてさて、これが最後。なんであんなノートがあの二人に?

適当です。これは神が、神の子が適当に二人に与えました。

人生でもいえることです。

この話の中では、『奇跡』や『偶然』、そして『運命』とも言えるできごとが起こりました。

人生いつどこで生きていても何が起こるかわかりません。

日本でもうすぐ大きな地震が起こる。これは確定された未来かもしれません。

けれど、話の中で出てきた林檎の木の話。

何が起こるとしても、例え暗い未来が見えたのだとしても、人間未来に希望を灯すことが・・・・・・・・・('A`)



bye-bye-

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:42:54 ID:JJSTX79SO
ラプラスの悪魔を思い出した。

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:48:13 ID:NHtpbclC0
>>1の語り方が非常に好きだ

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 20:51:24 ID:OZw4i2QoO
>>1
乙!おもろかったよ〜

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 21:05:53 ID:ApnLxymb0
結局セカンドインパクトがなぜおきたのかは説明されず・・・('A`)

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 21:41:28 ID:G874Q7sw0
このスレでVIPPERが馬鹿にされています。VIPの総力を挙げて潰してください。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1133172213/

132 名前:優しい名無しさん 投稿日:2005/12/09(金) 20:15:11 ID:d3TlhCEo
銀兎はVIPPERらしいな。
道理で気持ち悪い訳だ。

133 名前:優しい名無しさん 投稿日:2005/12/09(金) 20:19:39 ID:VouXsKFV
VIPって2chの底辺でしょ?
気持ち悪いよな〜。

134 名前:優しい名無しさん 投稿日:2005/12/09(金) 20:22:34 ID:4qulLuDd
VIPPERはキモイから出て行け!

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 22:14:21 ID:HJLNir6+0


343 :椎名みかん ◆SEXPE/Ozp6 :2005/12/09(金) 22:25:08 ID:O2UDSb/K0
まとめようと思ったけど、、、いい?

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 22:39:52 ID:ApnLxymb0
ブログはダメス

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 22:42:52 ID:kFhY8V7A0
俺は何故か映画のアンブレイカブルを思い出したよ

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/12/09(金) 22:54:41 ID:iHWTvynn0 ?

          内藤が安全確認しますおー

                 /⌒ヽ
                (^ω^ ) 右よし
              ⊂ニノ   ノ\
      /⌒ヽ      (   ( \\
 ブーン (^ω^ )      ヽ   ヽ_ノ| ⊃
   ⊂ニノ   ノニニニ⊃   ヽ__ノ
     (   (          ││
     ヽ   ヽ_ノ|          ┛┗
      ヽ__ノ
       < └┓
       ┛     三

                 /⌒ヽ
                ( ^ω^)  左よし
                /ヽ   ヽニ⊃
              // ヽ   )        /⌒ヽ
             ⊂  |ヽノ   ノ       ( ^ω^)  ブーン
                 ヽ__ノ   ⊂ニニニヽ   ヽニ⊃
                  ││            ヽ   )
                  ┛┗         |ヽノ   ノ
                             ヽ___ノ
                               ┏┘ >
                            三      ┗

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)